広域紋別病院 移転に伴う旧病棟医療機器他廃棄処分 終了

北海道の流氷で有名な紋別の「広域紋別病院」が新築移転され、その旧病棟の医療機器他の廃棄処分業務を入札受注しました。廃棄物も多く作業は6月22日から約1週間に及びましたが、無事終了。
医療機器についてはMRIやアンギオ、CTといった大型機器の解体・搬出、その他廃棄物に関しては什器類、書類、厨房機器、医療品小物(特管物を除く)等を規模約200床(精神科病棟含む)の病棟、併設する看護士宿舎、医師宿舎、保育所、体育館等から収集、分別、搬出し提携する廃棄業者に委託して、運搬してもらいました。
今後もこういった移転や閉院のお手伝いを積極的に取り組んで参ります。

広域紋別病院、新築移転